Premieres

メニュー

気軽にできる婚活として人気!合コン・街コン・アプリのメリットデメリットを比較

気軽にできる婚活として人気!合コン・街コン・アプリのメリットデメリットを比較

出会いはほしいけど、結婚紹介所やお見合いで婚活をするのはハードルが高い。そんな方が気軽に参加できて、なおかつ多くの異性と出会える方法として合コンや街コンがあります。近年はこれに加えて、マッチングアプリを利用した婚活も人気を集めています。

今回は、合コン・街コン・アプリの3つ方法について、メリット・デメリットをお伝えします。それぞれの特徴を知って、ご自身の恋活・婚活に役立ててください。

 

合コンのメリット

メリット1. ある程度つながりのある人からの紹介である

合コンというと、友人や職場の人などある程度つながりのある人から誘われたり、声をかけて開催したりということが一般的です。信頼のおける人を誘った(あるいは、誘われた)合コンであれば、トラブルが起こる可能性をある程度回避できます

メリット2. 参加者の人柄をうかがい知れることもある

合コンは初対面の人と親睦を深める場であり、1回2時間程度の会が多いことから、その場ではそれぞれの参加者がどんな人なのか、人柄や考え方を知ることは困難です。そこで、「主催者の高校時代の友人を集めた」「職場の同期を集めた」など参加者同士がある程度仲のよい関係であれば、その場での会話や関係性からどんな人なのかをうかがい知ることができます。

合コンのデメリット

デメリット1. コミュニケーション能力がないとつらい

2時間程度で終わることが多い合コンでは、会話や人柄を印象付けないと、その後のステップに進むことは難しいでしょう。そのため、コミュニケーション力がある程度高くないと合コンを経て交際や結婚へと発展しにくい傾向があります。

デメリット2. 参加者の本気度は未知数

合コンの参加者の中には、人数合わせで参加した人、それほど乗り気ではないけど主催者に頼まれたという理由できた人などもいるため、全員が恋活や婚活に積極的なわけではありません。素敵な人がいたとしても、お相手がどれくらいの本気度で合コンに臨んでいるのかが分からないところが、合コンのデメリットの一つです。

合コンはこんな人に向いている

合コンでの婚活に向いているのは交友関係が広い人コミュニケーション能力が高い人です。交友関係が広ければ自ずと合コンに誘われたり、主催して友達を誘ったりできる可能性が高まりますし、コミュニケーション能力が高ければ短時間でお互いによい印象を残せることが多いからです。

 

街コンのメリット

メリット1. 幅広いバックグラウンドをもつ人と出会える

一般的に、街コンは応募サイトを通じて参加申し込みをするため、普段の交友関係では出会えないさまさまなバックグラウンドをもつ人と出会えます。友人や職場の人との恋愛・結婚を敬遠している人にもおすすめです。

メリット2. さまざまなコンセプトの催しから選べる

街コンの応募サイトを見てみると、さまざまなタイプの街コンがあることが分かります。街コンといえば飲食店が密集した街を舞台に、そのエリアを食べ歩きしながら交流を深めるものが一般的です。それ以外にもゲームやバーベキュー、カラオケやスポーツなど多彩なアクティビティを楽しめる街コンもあります。ぜひ、自分の好みや趣味にあった街コンを見つけてください。

街コンのデメリット

デメリット1. 人見知りにはつらい

2人組で街コンに参加する場合には、会話が途切れてしまったり話が盛り上がらなかったとしても友人にフォローしてもらえる可能性もありますが、特に1人で参加する場合、街コンは合コンに比べて、より積極的にコミュニケーションを深めていく必要があります。2人組であっても、合コンより主体的に会話をし、コミュニケーションを取れる人が出会いのきっかけを掴めます

デメリット2. トラブルが起こる可能性もある

婚活の方法としてまだまだ歴史が浅く、また近年急激に開催件数が増えていることから、主催者と参加者の間、また参加者間で金銭面・人間関係のトラブルが起こる可能性が指摘されています。

こちらのコラムでトラブルの種類と対策をお伝えしていますので、街コンに参加する際には参考にしてください。

知っておきたい|街コンでよくある4つのトラブルと対処法

街コンはこんな人に向いている

以上のことから、街コンに向いているのは楽しみながら婚活をしたい人積極的に参加できる人です。

 

アプリのメリット

メリット1. 自分のペースで活動できる

合コンや街コンは開催される日時に合わせないといけませんが、アプリによる婚活ではマッチングした相手と相談して会う日時や場所を決められますので、ある程度融通が効きます。また、スマートフォンがあればいつでもどこでも活動できる点も大きなメリットです。

メリット2. 会う人を選べる

マッチングアプリでは、数多くの登録者から居住エリアや年齢などの属性を絞り込んで検索し、マッチングすることが可能です。そのため、お相手に譲れない条件がある方に向いているといえます。

アプリのデメリット

デメリット1. 登録者は多いが、会える人の数はそれほど多くない

マッチングアプリは気軽に参加できることから、日々登録者が増えています。しかし、その中で譲れない条件をもつ相手は何人いるのでしょうか? その条件が複数ある場合、候補者はどんどん少なくなってしまいます。

また、アプリ内でのメッセージのやりとりやスケジュールのやりとり、会った相手と次のステップに進むかどうかなどは全て自分一人で考え、決定しなければなりません。そうなると、合コンや街コンに比べて実際に会える人の数は多くないといえます。

デメリット2. 危険な人物がいる可能性がある

アプリも街コンと同じく近年始まったサービスであることから、トラブルが報告されています。その中には、詐欺事件や暴行事件などの刑事事件に発展したものもあります。一概に「アプリ=危険」とはいえませんが、アプリによる婚活では実際に会うまで素性を隠すことも可能ですので、やりとりをしている相手の怪しい部分に気づいてトラブルを回避できるかどうかも重要なポイントです。

▶アプリはこんな人に向いている

アプリによる婚活に向いている人は、忙しい中でも婚活をしたい人お相手に譲れない条件がある人です。やはり、24時間検索ができるアプリは忙しい現代においては大きなメリットです。アプリの検索機能をうまく利用し、理想の条件を満たすお相手を見つけてください。

 

自分にはどんな方法が向いているのか考えよう

婚活の方法にはさまざまなものがありますが、今回は気軽にできて人気のある3つの方法を比較しました。それぞれのメリット・デメリットを知って、自分にはどんな方法が向いているのかを考えることも婚活にとっては重要です。あなたの個性が輝く場で婚活ができ、素敵なお相手に出会えることをお祈りしています。

※プレミアで開催している「少し良いお酒を飲める」イベントの通知は、開催日の2週間前から「LINE@」にて配信中です。興味のある方は、ぜひご登録ください。