Premieres

メニュー

街コンに1人で参加する際に気をつけたいポイント

街コンに1人で参加する際に気をつけたいポイント

婚活イベントの一つとして人気の街コンは、基本的に2人1組で参加するものだといわれています。実際、多くの街コンは2人1組で参加申し込みを行います。その理由は2人1組で参加することによって、参加者にメリットがあるからではないでしょうか。

しかし、友達と予定や嗜好が合わないなどの理由で街コンに1人で参加するということもあるでしょう。そんなニーズを反映してか、実際に1人参加が可能な街コンも存在します。

今回は、街コンに2人1組で参加することのメリットを知った上で、1人参加の場合はどのようなことに気をつけるべきかを紹介します。

街コンに2人1組で参加することのメリット

まずは、街コンに2人1組で参加することのメリットを考えます。

お互いをフォローしあえる

街コンで気になる異性を見つけても、どう話しかけたらよいか分からない、自分の魅力をうまく伝えられないという方も多いかと思います。そんな時には、一緒に参加する友人にフォローを頼むと、あなたのことを紹介してくれたり、言葉につまってしまってもその場を上手く繋いでくれたりということが考えられます。

もちろん、あなたが友人のフォローをするということもあるでしょう。

1人より2人組の方が話しかけやすい

多くの街コンが2人参加になっているのは、1人でいる時より2人でいる時の方が話しかけやすい、ということが考えられます。

2人で話をしている状況を見て「楽しそうにしているな、ということは話しかけても反応してくれるかな」と思われ、話しかけやすい状態に見えるのではないでしょうか。

1人参加の街コンで気をつけたいポイント

それでは、これらを踏まえた上で、1人参加の街コンで気をつけたいポイントを紹介します。

積極的に話しかける必要がある

1人で街コンに参加する場合、会話が途切れてしまったり、上手く自分をアピールできなかったりといった状況でも、フォローしてくれる人はいません。そのため、2人参加の街コンの時よりも積極的に行動し、気になる参加者に話しかける必要があります

話しかけやすい雰囲気を作る

先ほど触れましたが、2人組でいると「楽しんでいるな」と思われ、話しかけられる可能性があります。そのため、1人で街コンに参加する際には、1人でいる時にも笑顔を意識し「この場を楽しんでいます」という雰囲気を醸し出せるとよいでしょう。

会話が途切れてしまうのが心配な場合はこうしよう

とはいえ、1対1の会話ではどうしても会話が途切れたり、上手く盛り上げられないといったことが起こります。そんな状況を防ぐために、こんな風にしてはいかがでしょうか。

  • 自分の魅力を引き出せる街コンを選ぶ

街コンを選ぶ段階で、自分の馴染みのある街を舞台にした街コンや自分の好きな料理を提供するレストランが協賛している街コンなど、自分の魅力を引き出せて、自然に会話が続きそうなシチュエーションを選びましょう

  • 気負いすぎない

あまり気負いすぎると緊張のあまり上手く話せない、ということもあります。「この街コンは、たくさんある婚活イベントの一つ」と考えて気負いすぎないようにしましょう。

  • 笑顔を意識する

もし、街コンで会話が途切れてしまった時には、口角を上げてニコッと微笑みましょう。笑顔が嫌いという人はまずいません。会話が途切れてしまってもあなたが笑顔であれば、相手に「機嫌が悪かったり、会話に飽きたわけではないんだな」ということが伝わりますので、気まずい雰囲気は避けられるでしょう。

まとめ

今回は、1人で街コンに参加する際のポイントを紹介しました。1人で街コンに参加するのは緊張することもあるかと思いますが、気負わずに楽しく過ごすことを心がけ、素敵な出会いのきっかけをつかんでください。

また、Premiere(プレミア)では、ワンランク上のワインや日本酒を楽しめる独身者限定イベントを開催しています。当ワイン会・日本酒会は1人参加の方も多く、また1ヶ月に数回開催していますので、ぜひ気軽な気持ちで参加し、交流を深めていただければと思います。

※プレミアで開催している「少し良いお酒を飲める」イベントの通知は、開催日の2週間前から「LINE@」にて配信中です。興味のある方は、下部リンクからご登録ください。